現在の閲覧者数: 総閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペニーオークションの基本

ペニーオークション


ペニーオークション(en:Bidding fee auction)とは入札に対して手数料が発生する(チップとして購入する場合もある)オークションである。

基本的に開始額は低く、また1回の入札で釣り上げられる金額は少額で固定されており、多数の入札があっても落札金額そのものは安くなるが、落札するまでにかかった金額を加味すると値引き率が大幅に下がり、商品を購入した場合よりも高くなる場合もある。落札できなかった場合には手数料は返還されず、丸損となってしまう。手数料の発生しないオークションもある(チップなど入札に必要なアイテムなどがある)。

最近では、手数料が返還されるペニーオークションやポイントで返還するなど工夫されたサイトもある。


スポンサーサイト

ペニーオークション一覧

かなり多くのペニーオークションサイトがここ数年で増えてきているようですね(;゚Д゚)!

このページではサイト名・入札単価・送料・社名・所在地などに注目してみてください。

ペニーオークション一覧

かなり会社単位で、入札単価も会社所在地も特徴も異なりますね。

これからまだ成長する分野でしょうから、注目度は高いと思われます。

オークション参加注意点

オークション参加注意点

オークションに参加して商品が届かない・傷がある・連絡が付かない等のトラブルを事前回避する為にも、登録する前に事前に確認をしておく必要があります。

チェックするポイントはそれぞれ皆さん違うかもしれないのですが、最低限のポイントだけは押さえておきましょう♪

●運営者の記載はあるか?

会社の信用度

株式会社で、会社の情報を明らかにしている信頼性の高い国内企業か?

(海外サイトでも有力な所もありますが、万が一商品に欠陥があった場合大事な要素になります。)

海外に本社があり、日本支店の窓口を準備されているか?

国内の会社であった場合でも、個人情報が悪徳会社に流れる可能性はないか?

有限会社・個人事業によるオークション詐欺は結構あります。よって有限会社・個人事業による運営で詐欺被害にあわないか?

以上のポイントは最低限の項目になるかと思います。

※各会社の所在地・法人登録・窓口の確認は詐欺被害と大きく関わる大事なポイントです。



問い合わせ窓口の確認

メールアドレス、電話番号が明記され、かつ両者から問い合わせができる状況か。

メールアドレス、電話番号のどちらかが明記され、問い合わせ窓口が完全でないケースもあるようです。

また、「問い合わせフォームのみ」問い合わせを受け付けているなど、論外な話ですがありえない事ではありません。
詐欺に近い状況下になってしまうため、要注意です。


--------------------------------------------------------------------------

●WEBサイト上での確かな情報の記載

ここでは、過去オークションの一覧も確かな情報になるかと思われます。

なぜなら過去入札の情報と落札者(消費者)と関わる大きなポイントになるからです。

情報が見れるという事は公表されている為、詐欺的運営がある場合は見せたがらない傾向になるのです。

過去の落札オークション結果の一覧は重要なポイントですので確認しましょう。

また、直近の終了オークションの一覧が閲覧できる。落札経緯を追うという事も必要です。

中には「あれ?落札されたのに表記されない」などある場合。

上記と同じくサイト内詐欺の可能性も出てきますので重要です!



さらに、「終了したオークションの行方が不明」など論外のケースもあるようです。

消費者にとっては『落札』が重要ですが、運営者にとっては『入札』が重要だという仕組みを理解した活動をする事にも注意が必要ですね。


●情報量

登録から購入、入落札までの説明が充分になされている。参加する前に必要な情報が全て閲覧できかつ分かりやすい記載は入札者にとっては当たり前で、当然表記されているものですが、詐欺関係のサイトでは後々の法的ブロックを意識してか具体的表記が出来ない傾向があるようです。

 

独自のコンテンツはあるか?
独自のコンテンツを増やすという事は、資金源もある会社だと言う事にもなりますが、詐欺・又はヤマシイ会社などは注目を嫌います。各検索サイトにHITすればする程サイバーポリスとも関わりが大きくなりますので独自のサイトから詐欺サイトへ誘導するケースもある為要チェックしましょう♪

良い商品をGETするには

●商品力

価格

高額・中額・低額、様々な価格帯の商品が出品されるが、落札された金額が一定なのか差額が激しいのかよくみる必要もあります。

やはりオークションでも仕入れが得意なものが多く出品される傾向もあるため、一定の価格帯の商品に特化されている傾向なども確認することも必要です。


バラエティ
オークションの魅力というのは、やはり消費者が求めている商品がなければ意味がありません。どのカテゴリーも商品が万遍なく出品されているオークションは魅力的でしょう。

また、小規模のオークションサイトの場合、特定のカテゴリーに偏って出品されているケースもありますが、得意分野である為に多く出品される事もあるでしょう。

また、きわめて偏った商品を出品しているオークションサイトの場合、資金力・仕入れ力と他社より比較的手が伸ばしきれないケースもあるようです。入札者 として注目するポイントは、今回の入札だけのために登録・チケットの購入をしても後悔しないか考えて登録することが好ましいと思われます。


出品数

出品されている商品が少なければ魅力は少なくなります。1日の出品数(24時間以内に終了予定がされているもの)が20以上なのか?何商品が出品されているのかも重要なポイントです。


出品予定の商品の表示数

ある程度、先の日程のオークションを表示している場合、入札したい・購入したい物を手にする可能性は大きくなるかと思われます。

テーマ : 激安・お得・最安値情報
ジャンル : ライフ

快適にオークションする為のポイント

●運営

開催時間
商品の出品が盛んな時間帯。1時間に1つ以上終了するオークションがあり、それが24時間続くか?

支払い
クレジットカード、銀行振り込み、代金振り替えでの利用は可能か

モバイル対応か


送料
A:無料
B:300円前後
C:500円以上


--------------------------------------------------------------------------

●システムの安定性
システムトラブルが頻発しない。サイトの表示がスムーズに行われるか

信頼性
システムの改善を積極的に行っている、定期メンテナンスを行っているか



--------------------------------------------------------------------------

●キャンペーン

開催内容

既存ユーザーに向けたキャンペーンをコンスタントに行っているか

客寄せのための「新規登録者にプレゼント」のみ行っている、時々既存ユーザー向けキャンペーンを行っている

キャンペーンを全く行っていない


キャンペーン開催頻度

A:既存ユーザーに向けたキャンペーンを月に1回以上行っている
B:月に1回以下、キャンペーンを行っている
C:既存ユーザーに向けたキャンペーンを行っていない


--------------------------------------------------------------------------

●情報配信
ニュース
A:更新頻度が1回/1週間以上で、広告ではない内容の更新が多い
B:ニュース一覧がないor更新がまったくないor広告の内容ばかりである

メルマガ
A:配信頻度が適切で、広告ではない有益な情報も掲載されている
B:配信頻度が極端に多い(1日1回以上)、少ない、メルマガの配信がない

Twitter
A:フォロワーが500以上
B:フォロワーが500未満、実施していない

ブログ
A:有益な情報が更新されている
B:更新頻度が低い、実施していない

情報のクオリティ
A:見やすい・伝わりやすい・有益な・最新の・ユーザー目線の情報を伝えている
B:運営が積極的に情報を開示する姿勢が見えない


--------------------------------------------------------------------------

●ブランド

独自性
A:オークションの開催内容・商品内容に他社の真似ではない、オリジナリティがある
B:上記のどちらもない。システムのパッケージを流用しただけのサイト

ページランク
Googleページランクの指数を記載

SEO
A:サイト名(正式名称+略称)で検索した場合、Google・Yahoo!どちらも1位である
B:1位表示されない

テーマ : 激安・お得・最安値情報
ジャンル : ライフ

プロフィール

peniekumiai

Author:peniekumiai
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
オススメサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。